So-net無料ブログ作成

◆品川TOPICS◆国民年金の納付率が2010年度は最低になる公算。4割以上が保険料を支払っておらず、背景に制度不信を上げていたが。 [新聞解説]

国民年金は老齢時の生活を保障する年金の基礎となるものだが、この保険料の納付状況が年々低下しており、2010年度は58.2%になる公算だ。

サラリーマンの主婦など保険料の支払いが不要の「第3号被保険者」や低所得を理由に保険料の支払いを免除されているを含めた、より実態的な実質納付率は2009年度は43.4%まで低下しており、年金財政への影響が懸念されている。

日経新聞では、その背景に「年金不信」をあげているが、そうであるならば政府の責任は重いのでは?早期に抜本的な対応策を講じなければならないだろう。
nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。